ラスベガスのルール改悪について

AdSence
ラスベガス

近年ラスベガスではルールの改悪(プレイヤーにとって不利になるルール変更)が目立つようになりました。

ラスベガス、特にストリップ地区でのルール改悪

ラスベガスの中心で一般的なレートのテーブルではプレイヤーにとって不利なルールが採用され始めました。

ブラックジャックのルール変更

ルール変更の理由

ラスベガスはエンターテインメント中心の施設が多く、高額ベットをするプレイヤーより少額で遊ぶプレイヤーが大勢います。

様々なテーブルゲームが存在しますが、人件費や場所代等が必要で目に見えない経費を賄わなければいけません。

マカオでは1テーブルの最低ベットが数千円から数万円となっており、十分に利益を上げられますがラスベガスは数百円から千円程度が最低ベットとなっており利益が上げにくい構造になっています。

そのため、利益率を上げるためにルールを改悪し少しでも収益をあげようとする試みとして渋々採用されていると考えられます。

高額なテーブルやローカルな場所にある運営費が低い場所ではプレイヤーにとって有利なルールが採用されていることもありますがストリップ周辺では改悪されたルールが多く採用されています。

ブラックジャックが1.2倍

一般的なブラックジャックのルールでは2枚のカードで21が完成した場合の配当は1.5倍となっています。

しかし改悪されたルールでは1.2倍となっています。少ないからといってプレイヤーへのメリットは何もありません。

カジノによってはブラックジャックの配当が1.5倍であることで集客広告を出す所もあるほど、このルールが一般化しつつあります。

テーブルによっては1.5倍のままの場合もありますが、大抵は最低レートが高めに設定されています。

ブラックジャックの配当確認方法

テーブルの上に書かれた文字で判別可能です。

「BLACKJACK PAYS 3 to 2」2に対して3の配当なので1.5倍となります。

「BLACKJACK PAYS 6 to 5」5に対して6の配当なので1.2倍となります。

配当はテーブルに書かれている文字で確認することが出来ますので、座る前に必ず確認したほうが良いですよ。

新しいテーブルゲーム

ブラックジャックのルールは一般的ですが、沢山の亜流のブラックジャックが生まれています。ブラックジャックに限らず様々なテーブルゲームが生み出されていますが、基本的に知らないゲームはプレイヤーにとって不利なルールが多いと考えてください。

ブラックジャック等のメジャーなゲームではストラテジー(最適なプレイ方法)やRTP(プレイヤーがどの程度勝ちやすいか?)の指標がでています。

しかしマイナーなゲームでは情報が少なく、多少プレイヤーにとって不利でも目新しいゲームに調整してみたいという客が後を絶ちません。

カジノ側も綿密に計算をした上でルールを設計していますので、素人が簡単に攻略できるものはないと思った方がよいでしょう。

せっかくラスベガスへ行ったのでしたら知らないゲームでも楽しんだ方がよいと思いますが、熱くなってプレイするならメジャーなゲームをおすすめします。

サイドベット

新しいルールが生まれていくなかでサイドベットと呼ばれるオプションでかけられるルールも増えてきています。

ブラックジャックでは親がバーストすることにかけたり、3枚のカードでポーカーの役が出来るかをかけたりと様々なサイドベットがあります。

サイドベットの魅力は配当の高さです。ルールとして10倍前後の配当のものが多くありますが、プレイヤーにとってかなり不利なルールばかりです。大抵の場合90%程度の還元率となっており、一撃で得られる配当は大きいですが負けやすいルールになっています。

たまにベットすることはゲームを楽しむ上で面白いと思いますが、毎回かけ続けていると安定して負けるルールです。

新しいルーレット

トリプル0

ルーレットには0が1つのものと2つにものが主流でした。しかし最近では0が3つあるルーレットがラスベガスには登場しています。

ルーレットは0が多いほどプレイヤーにとって不利になります。0の数毎のRTPは次のようになります。

ルーレットのRTP(還元率)

0が1つ : 97.30%

0が2つ : 94.74%

0が3つ : 92.31%

0が1つであれば他のテーブルゲームとあまり大差ありませんが、2個以上0があるルーレットはかなり厳しいことがわかりますよね。0が3つのルーレットをプレイするくらいでしたら別のゲームをすることをおすすめします。

ラスベガスの楽しみ方

ラスベガスのカジノは比較的低レートで楽しむことができますが、近年ルールの改悪が目立ってきていることも事実です。

もし高額のベットでギャンブルを楽しみたい!という場合はテーブル毎のルールを確認して選ぶことが重要となってきます。

低額のベットや短いプレイであれば影響は少ないですが、勝負をしたい時は時間をかけていくつかのカジノを巡ってみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました